宝石買取について

パンサラッサコラム

パンサラッサコラム
他のインタビュー記事を見る

宝石買取について

ダイヤモンド以外の宝石の場合、ダイヤモンドよりも、お客様が購入された時のお値段とお売りになる時のお値段との差が開いてしまう場合が多いと言えます。
また、お品物によりましては鑑別書・保証書が付いていないとお値段が付かない場合もございます。

鑑別書・保証書の付いていない色石は買い取り対象になりませんか?

鑑別書・保証書の付いていない色石は買い取り対象になりませんか?

宝石には合成や処理の問題があり、中には簡易な検査だけでは見抜けない合成・処理石もあります。現在販売されている色石のほとんどは処理がされていますが、中には未処理の宝石もございます。
ルビー、サファイア、エメラルドで未処理の石は中々お目にかかれません。
もし、まったくの未処理の色石をお持ちでしたら、処理石に比べお買い取りも高額になります。
実際、ある程度の大きさの石でルビー、サファイア、エメラルド、アレキサンドライトあたりに関しては鑑別書が付いていた方が有利なのですが、その他の石や、小さい石に関しては鑑別書が無くても問題ありません。
もし、鑑別書を再度取るか迷われるようでしたら、その前に一度ご相談ください。

なぜ色石の見積は電話で判らないのですか?

なぜ色石の見積は電話で判らないのですか?

色石には一般的に統一された品質の基準がありません。
しかも、様々な色石がある中で、それぞれお客様の好みも分かれます。
特に色の美しさの表現は人それぞれです。また、その時代によって人気と不人気、需要と供給もかなり変わってきます。
例えば色石の場合、ある産地が枯渇すると一気に市場から消え、また新たに産地が発見される、などということもしばしばです。まったく新しい石が発見され珍重されても、同じ石が大量に見つかる事もありますし、逆に今まで高価では無かった石の供給が途絶え、値段が上がるという事もあります。
こういった事情から、同じ石でもお値段の巾はかなり広く、このグレード・この色・この大きさだからこの値段、とはお電話ではお答えできないのです。
実際に拝見して、総合的に判断し、今の市場に合わせて値段をお付けするしかないのです。

他のインタビュー記事を見る
PAGETOP